So-net無料ブログ作成
検索選択

五島沖・「第2山田丸」沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島・吹上町で発見(西日本新聞)

 長崎県五島沖で長崎市の山田水産所属の以西底引き網漁船「第2山田丸」が沈没した事故で、長崎海上保安部は25日、現場海域から南東に約290キロ離れた鹿児島県日置市吹上町の海岸で同船の救命胴衣が見つかったと発表した。乗組員が通常装着している救命胴衣ではなく、各船室に保管している備品だという。

 長崎海保によると、21日午前8時ごろ、地元の漁師が砂浜に打ち上がっている「2山田丸」と記された救命胴衣を発見。22日に地元漁協から串木野海保(同県いちき串木野市)に連絡があった。同海保から25日に長崎海保に救命胴衣が届き、僚船の第1山田丸の小畑政浩船長が第2山田丸に積んでいたものと確認した。

 事故は12日午前4時ごろ発生。同海保は、胴衣は北西の季節風に吹かれ約9日間で流れ着いたとみている。

=2010/01/26付 西日本新聞朝刊=

<なべ漁場>岩手側で合意 青森の漁業者と新たなすみ分け案(毎日新聞)
<文化財防火デー>本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
青森ねぶた師 収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)
不適切対応職員の契約解除=NHKサービスセンター(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。